浄土真宗 ごえんネット / Shin-Buddhism goen net

トップ > 花まつりテキスト デモ
hana-event

「灌仏会(かんぶつえ)」ってな~に?

 

4月8日にお生まれになったお釈迦さまの誕生をお祝いする日です

あらゆる仏教の宗派で行われる大切な行事です。 お釈迦さまが誕生されたその時、九龍が天より下って甘露(甘い香りの雨)をそそぎ、地より蓮華がわきいでて、お釈迦さまの足元をささえたのです。そこで4月8日の「灌仏会」には、お釈迦様のお生まれになったお姿(誕生仏)を、ルンビニの花園のように花でいっぱいにした花御堂(はなみどう)の水盤の中心に安置して、「甘い香りの雨」である甘茶をそそいでお祝いするのです。(甘茶を灌ぐので「灌仏会」と言われるといいます。日本では、江戸時代よりおもに甘茶を「甘い香りの雨」としてもちいています。)

hana-event2

「お釈迦様の誕生」

 

遥か昔の2500年前…

 

「インドの山奥のふもとに、カピラバストゥという小さな国がありました。ある夜、お妃さまのマーヤーさまは、白い象が空からおりてきて自分のおなかの中にすーっと入る、不思議な夢をごらんになりました。…いよいよお生まれになる日が近づいてきましたので、マーヤーさまは、ご自分のふるさとに帰ることになりました。その旅の途中、色とりどりの花が咲いているルンビニの花園でひとやすみされようとしたその時、かわいい元気な男の赤ちゃんがお生まれになりました…」 仏教の開祖、お釈迦さまのご誕生です。

※誕生の意味

お釈迦さまはご誕生されて、すぐに立ち上がり、七歩あゆまれ、天と地をさされ「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われたとあります。この言葉を直訳すると「天の上にも天の下にも我一人尊い」という、大変傲慢な意味になります。しかし、この言葉は決してそういう意味ではありません「この広い宇宙に存在するすべてのものはみな、仏の命を具えた比類のない尊い存在です。すべてのいのちが皆ひかり輝き、尊ぶべきことを、お釈迦さまは人に呼びかけておられるのです。

浄土真宗では「花まつり」と呼びます

正式には「灌仏会」ですが、浄土宗・浄土真宗系のお寺では「花まつり」と呼んでいます。
これは仏教の灌仏会と、民間行事の花祭りとが合体してできたのではないかとも言われており、明治後期頃から「花まつり」と呼ばれるようになったと言われています。
浄土真宗では、お釈迦様のお生まれになったお姿(誕生仏)に甘茶を灌ぎながら「ようこそお生まれくださいました。私も仏にさせていただける人生が開かれました。」とお礼申させて頂くのです。

ブッダム、サラナム、ガッチャーミー (南無帰依佛)

ダンマム、サラナム、ガッチャーミー (南無帰依法)

サンガム、サラナム、ガッチャーミー (南無帰依僧)

各寺院の「花祭り」の様子

○○さん〇〇寺  ※「お寺だより」へのリンクを追加していく

※「甘露」とは

甘露は、天から与えられる甘い不老不死の霊薬で、中国古来の伝説によると、天子が仁政を行えば、天から降るといわれているものです。インドでは「アムリタ」といい、神々が飲む不老不死の霊液で、これを飲むと苦悩が去り、長寿になり、死者をも甦らせるといいます。そこから仏の教え、仏の悟りを表す喩えの語になったともいわれています。 ※お花まつりの「白い像」 ※後で写真を入れる 白い象はお釈迦さまの生母、マーヤー夫人の夢に現れてお釈迦さまの誕生を予言したといわれています。仏教では象は縁起の良い動物だと信じられてきました

コンテンツ

  • ホーム
  • 始めての人の浄土真宗の教え
  • カラフル+ブログ
  • お寺だより
  • 山口県お寺図鑑
  • お問合せ

ごえん.net やまぐち All Rights Reserved Shin-Buddhism goen net 2013

ページトップへ

プライバシーポリシー