浄土真宗 ごえんネット / Shin-Buddhism goen net

トップ > 徳応寺”冬一番コンサート”2014
センチメンタル・シティ・ロマンスのリーダー。年間150本のライブをこなす勢力的な活動は定評のある演奏とコーラスワークが日本の音楽業界で第一人者として認められ、バンド自らの活動だけでなく、数多くのミュージシャンのサポートを現在も続けている。


瀬川 信二(Bass)
センチメンタル・シティ・ロマンスのメンバーとしての活動を中心に、プロデュースやタッピング楽器の奏者としての活動中。ゴスペル、ジャズ、ブルース、ブラジル音楽、カントリー等あらゆるジャンルに精通し、国内外で活動中。ライフ・ワークとしてアウトローカントリーの啓蒙活動も積極的に行っている。リットー・ミュージックより出版の「1セット10分からはじめるデイリー・ベース・トレーニング」の著者で、2013にはベース・マガジンで連載記事を執筆など後進の育成にも力を注いでいる。


野口昭彦(Drums)
「シュガーベイブ」「センチメンタル・シティ・ロマンス」を始め、数々のバンドで力強くシャープなリズムを刻んできたドラマー。
CHARA、KIRORO、SMAP、伊勢正三など数多くのアーティストのレコーディング、ライブでも活躍中。

広島市出身。R&Bをベースにした大人のロックバンドとして高い人気と評価を得た。
柳ジョージ&レイニーウッドのリーダー。同バンドの代表曲「ヘイ・ダーリン」、「プリズナー」、「青い瞳のステラ、1962年夏・・・」などの作者。甲斐バンドへの参加、和田アキ子らに数多くの楽曲を提供するなど、作家、アレンジャー、音楽プロデューサー、また地元広島市でライブハウスのオーナーとしても活躍中。


1954年横浜生まれ。1977年 13th ポプコン出場。全国大会で「最優秀曲賞」受賞。8th 世界歌謡祭出場。
1978年中島みゆき、原田真二等のレコーディングセッションに参加し、同11月、ワーナーパイオニアより「Brother On A Water」でレコードデビュー。
自身の音楽活動をすると同時に「トシ・スミカワ」のペンネームで柳ジョージやJ-WALKらに数々の楽曲を提供。


作品提供曲
柳ジョージ&レイニーウッドの「プリズナー」「フェンスのむこうのアメリカ」「YOKOHAMA'66」「FOR YOUR LOVE」「娘よ」「遺言」「月の雫」「AREA2」等
柳ジョージの「コインランドリーブルース」などなど
その他にJ-WALK、スギヤマ清貴、憂歌団、センチメンタル・シティ・ロマンスなどに多数提供。 チラシのダウンロート゛はこちら

コンテンツ

  • ホーム
  • 始めての人の浄土真宗の教え
  • カラフル+ブログ
  • お寺だより
  • 山口県お寺図鑑
  • お問合せ

ごえん.net やまぐち All Rights Reserved Shin-Buddhism goen net 2013

ページトップへ

プライバシーポリシー